1/20

"河合卯之助 京都の陶芸家 野草十二月 野の花 12種類 画帳 画集 絵画 図替 季節の花 昭和七年 1932年 落款入 紗綾形 日本の古いもの 骨董 アンティーク 美術資料 史料 インテリアに てのひらの骨董【BE228】"

¥26,000 tax included

the last one

*Earliest delivery date is 4/19(Fri) (may require more days depending on delivery address).

*Shipping fees are free on this item.

"ご覧頂きまして誠にありがとうございます。こちらの商品は、河合卯之助 京都の陶芸家 野草十二月 野の花 12種類 画帳 画集 絵画 図替 季節の花 昭和七年 1932年
題字 署名 落款入 紗綾形 京都の陶芸家 日本の古いもの 骨董 アンティーク 美術資料 史料 インテリアに てのひらの骨董【BE228】です。時代なりの汚れなどございますので画像にてご確認下さい。

【概略寸法】
付属のケース収納時8.9 4.9 h2.0
絵は直径8.7の円(cm)

【状態】
間道(鎬)の外カバー裂は、紐が切れており留め具欠損。紙に少しシミあり。

掌サイズの頁をめくると丸い紙に12種類の野草が瑞々しいタッチで描かれています。閉じると半月形となり、紗綾形雲に四つ菱の裂の装丁も洒落ています。河合卯之助(1889ー1969)は京都の陶芸家ですが、こうした絵が出てくることは珍しく、貴重な作品です。

卯之助は陶工初代瑞豊の次男として京都五条坂に生まれ、1909年に京都市立美術工芸学校、1912年京都市立絵画専門学校を卒業、日本画を学びました。陶芸の世界にはいり個展での作品発表を数多く行いましたが、戦後は団体の展覧会に参加することなく、在野の立場を取り続けました。

家業の手伝いのかたわらに西陣織の図案を書いていたと言われる卯之助の原点はやはり日本画。作陶においても野草の写生を元にした図案から文様を書くこともしばしば、独創性と写実味あふれた作品が多数あります。



略歴

1889年(明治22年)陶工初代瑞豊の次男として京都五条坂に生まれる
1911年(明治44年)京都絵画専門学校を卒業
1922年(大正11年)陶器研究のため朝鮮に旅行 
1926年(大正15年)『河合卯之助陶画集』を出版
1928年(昭和3年)京都府向日町に向日窯を築き作陶
1928・29年(昭和3・4年) 第9・10回帝展工芸部門にて入選
1933年(昭和8年)「押葉陶器」の技法で特許
1937年(昭和12年)パリの芸術と技術万国博に出品
1938年(昭和13年)ニューヨーク・サンフランシスコ博に出品
1943年(昭和18年)『窯辺陶語』を出版
1957年(昭和32年)神戸白鶴美術館、東京三越において陶歴50年記念展
1960年(昭和35年)随筆集『あまどう』を出版
1966年(昭和41年)東京三越において喜寿記念展
1969年(昭和44年)79歳 没

戦前は正倉院御物唐三彩の研究、李朝窯の発掘で功績をあげ、独自の作風から「赤絵の卯之助」とも呼ばれた。弟に陶芸家の河合栄之助。



●お客様へ
当店では他にもオンラインショップにて美術品の販売を致しております。あわせてご覧いただけたら幸いです。
当店の商品はすべてアンティーク・骨董品のため、デッドストック(未使用品)の商品を除きまして、使用感や、経年による汚れやキズなどがある場合がございます。できる限り文章と画像でご説明させていただきますが、ご確認いただきますようお願いいたします。
実店舗にて並行販売している商品もございますので万が一売り切れの際はご容赦くださいませ。
商品のバラ売り(あるいはセット売)のリクエストや、掲載していない在庫のお問い合わせ等、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。"

Add to Like via app
  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥26,000 tax included

Free shipping fee

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品